FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕の言霊

きょう8月7日は、立秋。
まだまだ暑い盛りですが、暦の上では、秋立つ日
ということで、きょうから秋に入ります。

ところで、この日が旧暦では7月7日にあたり、旧七夕
でもあるんですね。

言霊からいうと、タナハタ(七夕)とは、タは霊(たま)、ナ
は双(ならぶ)で、ハは両(ふたつ)で、タは列(つらなる)
という語で、水と火がそれぞれ半々ずつで調和した
状態になります。ハがふたつというのは、橋(両端があ
る)や箸(一対)、あるいは双葉とひらく葉などからもうな
づけます。

水と火は陰と陽でもあります。春から夏にかけて陽の
氣が増して、陰の氣が潜まり、夏から秋にかけては
ピークに至った陽の氣がふたたび衰え、陰の氣が増
してくるといった循環の中で、ちょうど陰と陽とが釣り合
い、調和したところが、七夕であるということです。


水火はイキ、火水はホシ、またカミでもあります。
そして、水が女、火が男で、水火は、メヲ(女男)でもあ
るのですが、天地の水火は、一年に一度くみあう(與合)
ことになっていて、ホシアヒ(星合、火水合)として、女男
一夜の契(ちぎり)にお祭が設けられています。

これが、七夕です。

どうしても私たちは梅雨の明けやらぬ新暦の7月7日の
ほうを七夕とすることに慣れていますが、一年のイキ(水
火)のめぐりからすると、旧暦の七夕にも大いに根拠があ
るような感じもしてきます。

さて、今夜は晴れているようです。
あとで外に出て、夜空を仰ぎ、天の川を探してみましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

粂 潤一(くめ じゅんいち)

Author:粂 潤一(くめ じゅんいち)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。