FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のキーワード

「自分以外のものに興味がない」としたら、
これは、「自分の事のように懸命に他人
の状況や心に関われる」可能性を秘めて
いるということです。

 つまり、関心の自己集中というのは、必ず
しも利己的で閉鎖的なことではないというこ
とです。
 逆に、その真剣さと関わり方のトータルさ
が、他人のことや同時代の世界への眼差しへと、
責任ある親身なコミットに転ずることが可能か
もしれません。

 元旦の今日、目覚めた床の中で、昨年暮れ、
30日から読み始めたホメオパシーに関する良
書(※註1)を読んでいたら、そんなことを思っ
たわけです。

 何千種類もあるレメディーに関する知識を学ぶと
き、「これは私に関係がある/ない」
という狭い視点で捉えがちな面があるのではないか。

 でも、こういう態度は、結局は浅い自己理解しかも
たらさないでしょう。

 たしかに三千種類とか四千種類とかいわれるレメ
ディーの数だけ、異なるテーマやタイプをもつ人が
あるわけです。とすると、この数はまだまだ少ない
はずです。
 
 だけど、自分という人間がその中のたった一つに
該当し、その他は関係がないと考えるには無理がある
と思います。

 だって、私たちは今日まで生きてきて、いろんな
人や人の考えや人のつくった仕組みに影響されてい
るからです。もちろん、自分も誰かや何かに影響を
およぼしているわけですが。

 私たちは、いわば「被影響性の海」の中にいます。

「すべては一つ」という観点に立つなら、ある一部に
フォーカスして、それと自分を同定することでわかっ
たことにしてしまうのは、裾野を切り離すような視界
狭窄の態度だということになるでしょうからね。

 アストロジーなどでも、究めてゆく人というのは、自
分のことがある程度わかったということに満足せずに、
もっとその奥や、他の人間はどうかなどの広がりのレベ
ルまで調べてゆこうとする興味がキープできる人じゃな
いでしょうか。

 他を知れば知るほど、それだけ自分を知ることになる。

 そして、人間の本質や物事の本質への理解が深まって
ゆくことになる。

 なぜなら、“I am all.” “I am whole.”なので。

 さて、2009年はどんな年になるのでしょうか。
 世界には二つの相反する流れがあると思います。
 
 対テロ戦争に端を発する軍事強化路線。昨年暮れの
報道によると、中国が二隻の空母の建造に踏み切った
そうです。
 
 一方、力で征服し、一元的に管理しようとする勢力
をよそに、自らを充実させ、互いに手をつなぎつつ、
生命の根源に帰ってゆこうと新たなライフスタイルを
模索しようとする草の根の動き。

 十年ほど前に構想した雑誌名は“TSUNAGU”でした
が、今年のキーワードは、「つながり」ではないかと
思っています。

 人と人とが、単なる不安や集団でいることへの
安全の意識からではなく、創造的につながってゆくた
めには、それぞれの人が自分をよく見つめ、核(コア)
となるエナジーとしっかりつながる必要があるでしょう。

 この核は、言霊でいえば、種子を表す「タ」です。
 
 御霊(みたま)や魂を意味する「タマ」でもあります。

 タ行は、「水中の火」の言霊で、水の中に火が降る、
田んぼでいえば、稲が育つには、水だけでなく、籾(もみ)
が芽を出すのに火が必要になります。タは種子で、
一粒が万倍になり、胎内の火をつかさどるチの言霊で、
百千(ももち)に増えてゆきます。ツは連なり続く、渦巻
をなす言霊なのですが、何が連なるかというと、やはり
イキ(水火、息、気)なのですね。
人と人とがつながるということは、それぞれの息がつな
がり、調和して、それぞれがより大きな働きができるとい
うことです。

 人それぞれの内奥の種子こそは、そこから生命の爆発
が起き、つぎつぎと他の人々の最良の中心とつながって
何かを起こしてゆく起爆剤になるでしょう。

 そんなわけで、年頭にあたって、今朝、ふと思った
ことを展開して皆さんにシェアしてみました。

 今年もよろしくお願いします。

                        2009年 1月1日

(※註1)永松昌泰著『ホメオパシー入門』(春秋社)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

粂 潤一(くめ じゅんいち)

Author:粂 潤一(くめ じゅんいち)
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。